キャリアアップに利用したい資格取得支援制度はどうお得?

資格取得支援制度を簡単に解説します!

キャリアアップのための資格取得支援制度

資格取得支援制度は、仕事に必要な資格、免許を取得するために会社が支援する制度です。無資格の方は有資格者になるために、有資格者の方は更なる資格を取得しキャリアアップするための有効な手段です。国や会社を挙げて支援してくれるのなら、この制度を利用して更なる高みを目指すことができます。

資格取得支援制度を利用しよう!

キャリアアップを希望している方は、求人情報の中に『資格取得支援あり』という内容を目にすることがあると思います。必要な資格が多い福祉、医療関係の仕事や建築、IT、運輸業などの専門的な技術の必要な仕事を狙う方には頼もしい制度です。しかも、その職場では従業員が資格をとることを応援してくれ、なおかつバックアップもしてくれるという制度があるということです。

資格を持っていない人のために取得を目指すのを後押ししてくれ、有資格者の人にとってはキャリアアップをはかり更なる高みを目指すことも可能です。仕事に不可欠である資格や免許取得のために会社が応援してくれます、例をあげると、研修の受講料や試験費などを全額負担、あるいは一部支給したりと、会社によって支援の内容は様々ですので、確認してみるとよいでしょう。

この制度を利用することでどうお得なのか?

先にも書いてありますが、金銭的な支援があるだけでもお得というほかありません。しかし、それだけではありません。会社側が支援するということは、それだけ有資格者という人材が欲しいからです。支援するから、免許や資格を取得してくださいという願いが込められています。会社側の人間からすれば、損して得取れみたいなもんです。

つまり、免許や資格を取得することで、会社からは高評価を得ることができ、ついでに自分のキャリアを高めることができる。そして、一度取得してしまえば、転職の時にも優位にアピールもできます。




自分自身と会社側のメリット!

そして、この制度を利用することは経済面の支援のみならず、自分へのスキルアップにもつながります。資格や免許があるだけで、肩書も変わってきますし、なにより初対面の方に信頼を受けることは間違いありません。そしてそれは、自分のためだけではなく、会社側にもメリットがあります。

支援制度を利用する条件!

資格取得支援制度とは、『教育訓練給付制度』のことです。これはつまり、毎月の給料から控除されている雇用保険料が財源となって私たちを支援してくれています。なので、制度を利用する手はありません。しかし、だれでも利用できるというものではありませんから、ある程度の条件が必要となります。

TOPへ戻る